人生半分ファンタジー
D&D、Warhammerなど、TRPG・ミニチュアゲームのブログです。 Miniature Wargaming & Role Playing Game in Japan.
プロフィール

Rebis(別名:まるま)

Author:Rebis(別名:まるま)
8歳でTRPGを始め、9歳でD&D赤箱を遊び、今やメタルフィギュア狂。人生の半分を脳内ファンタジー世界に生きるRPG&ミニチュアゲーム馬鹿です。
(本業:野生の漫画家Lv15)




連載してます!

 



最新記事



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます! まるま です。

ブログの更新はだいぶ間を空けてしまいましたが、順調にホビーライフを送っております。

2011年中は、ダンジョンズ&ドラゴンズやWarhammer FB、PPゲームなどを中心に遊んでおりました。

今年は辰年…つまりドラゴン年!
というわけで、ますます趣味にも邁進し、D&Dもたっぷり遊ぼうかと思っております。
珍しく年賀イラストも描きましたので、こちらに!

2012nenga.jpg

塗ったミニチュアの写真は撮りためておりますので、いずれブログかサイトのギャラリーも更新したいです…!

どうか今年もよろしくお願いいたします。
久々にEpic:Armageddonをあそびました!
先日ひさびさに、Epic:Armageddonを遊びました!

GWゲーの中でも最高クラスの、洗練された面白いルールを持つと言われる…(まるまがそう言ってる…)Epic。
やっぱり楽しいですね~。

今回は木島平八郎さんのウルトラマリーンと、1500pt/3500ptで2戦。
スペースマリーンが惑星を侵攻する際の恐ろしさを思い知りました!

マリーンがドロップポッドで降下し、ターミネーターがテレポートし、ワールウインドやプレデターが巨大降下船「ランディングクラフト」で一気に運ばれてくる戦場。あの展開力は魅力的ですね~。
Epic2011b.jpg

我がスラーネッシュのケイオスマリーン軍。
「パワーアーマー兵が、100人近く廃墟に立てこもる」
というのは、Epicにおける最強防御布陣の1つであります(たぶん)。

Epic2011a.jpg

しかし、その眼前にウルトラマリーンのドロップポッド18基が降下!
デスストームが地表をなぎ払います!
ウルトラマリーン・ケイオスマリーン・そしてケイオスのウォーロード級タイタン「ベインロードタイタン」による、恐るべき戦いの火蓋が切って落とされました。

Epic2011c.jpg

こちらはまた別の場面。
スラーネッシュのスカウトタイタンに接近戦を挑む、アサルトマリーン20人!
周囲のマリーンからの援護によって集中砲火を受け、さすがのタイタンも撃墜…!



久々にEpicケイオスを取り出したら、また色々増強したくなってしまいました。
厳密にはスケールが違うのですが、レルムオブバトルを使ったEpicの盤面も、十分に見ごたえがありそうですね!
次にプレイする機会では、いよいよEpicティラニッドのデビューができないかな~と考えています。
がんばって塗るぞ!
最近ぬったミニチュア大行進!


久々の更新です!

最近、ペイント机に簡易撮影スタジオを設置しまして、以前よりミニチュアの写真が撮りやすくなりました。
そこで最近ペイントしたミニチュア等の写真を、皆様にまとめて見ていただこうかな~というエントリーです!

1枚目はゲーム『Hordes』より、トロールブラッドのウォーロック エピック・ドゥームシェイパー。
トロールブラッド勢の中でも最大級の魔力を持つ老シャーマンで、エピック状態では自身もダイアトロルに近づきつつあるイメージです。
ミニチュアが「エピック」のわりには地味だったので、大きく改造してみました! 他社製のレジンベースや、Armorcast製のエフェクトモデルを合わせて、迫力のあるシャーマン像を目指しています。

まだまだいっぱいアップしていきますので、よろしければ「続き」もどうぞ!
続きを読む
デーモンハンターとウイッチハンターへのフォローが出たよ!
先日、GW公式サイト(英語)で、40kのアーミー デーモンハンターとウイッチハンターのPDFがダウンロード可能になったのは、ご存知でしょうか?

そこで話題になったと言いますか……
多くのインクィジター使いが落胆したのは
「PDF版では、スペースマリーンやインペリアルガードとの混合編成が出来なくなっていた」こと。
もちろん、私 まるま もインクィジター系モデルは結構持ってますので、ションボリしておりました。

ところが……

GWにしては珍しく(?)PDF版に対するフォロー記事が出たようです。

http://www.games-workshop.com/gws/content/blogPost.jsp?aId=11200008a

意訳超訳しますと……

「PDF版は、製本版コデックスを「上書きしない」よ。
 どっちのバージョンのデータを使ってもいいんだ、兄弟。
 つまりデーモンハンター同士が戦ってるのに、参照してるデータが違ってもいいくらいなんだ」

だそうです。

まあ、さすがに苦情が多すぎたんですかね?

ともあれ、コデックスの実本を持っていれば、まだまだ堂々とインクィジターの帝国軍混合編成を遊んでいい……と、GWがお墨付きを出したということで! いずれにせよ新しいコデックスが出るまでの間でしょうが、せっかくですから、異端審問軍も盤面で使ってあげたいですね~。

【おまけ】
ティラニッドやブラッドエンジェルズのFAQも更新されたようです。
以前ちょっと見かけた、マウロックに関する疑問も回答されてました。
http://www.games-workshop.com/MEDIA_CustomProductCatalog/m1240364a_FAQ_Tyranids_2010.pdf
簡単に言うと
・敵モデルに占拠されてる場所を狙ってディープストライクしてok
・マウロック出現時の攻撃にもカバーセーブしてok
とのことみたいです。
モンポカがハリウッドで映画化!?
ネットであんまり凄いニュースを見かけてしまったので、思わず久々に更新です!

なんと怪獣コレクタブルミニチュアゲー「モンスターポカリプス」が、映画化されるかもしれないとのこと!

http://www.deadline.com/2010/05/are-tim-burton-and-dreamworks-plotting-movie-version-of-monsterpocalypse/


ドリームワークスが映画化権を買い、ティム・バートンが関わるようなことが書いてあります。
うへええマジで!!?

もし現実化したら、ティム・バートンというビッグネームで、日本でも公開されそうですよね。
その辺のシネコンで、キング・コンドやテラカーンが、クトゥグロシュやゴーガドラが暴れまわる姿が見れたりするのでしょうか? すごい!! 現実になって欲しい!!

まかり間違って、PPゲーが有名になって、日本語展開始まったりしませんかねー(笑)
モンポカの日本語化くらいはされそうだな……

とかとか、まだ映画にもなってないのに、あんまり夢をふくらませたらオウガキングダムが笑いますね、

今日明日のミニチュアゲーム事情が変わるわけではありませんが、未来に夢の広がるニュースでした!

【追記】
この記事を書くために久々にブログにログインしましたら、ちょうどコメントでこのニュースを教えてくださっている方がいました。ありがとうございます! Twitterでお礼したりしようと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。