人生半分ファンタジー
D&D、Warhammerなど、TRPG・ミニチュアゲームのブログです。 Miniature Wargaming & Role Playing Game in Japan.
プロフィール

Rebis(別名:まるま)

Author:Rebis(別名:まるま)
8歳でTRPGを始め、9歳でD&D赤箱を遊び、今やメタルフィギュア狂。人生の半分を脳内ファンタジー世界に生きるRPG&ミニチュアゲーム馬鹿です。
(本業:野生の漫画家Lv15)




連載してます!

 



最新記事



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに実用レベルの相撲取り上級クラスを見つけたかも!
いきなりお前何言ってんだ、という感じですが!

実はここの所、まるまは
「うう~D&Dで相撲を表す、良いモンク系クラスはねえかなあ!」
と、ときおりネットを彷徨っていたのですよ~。

Quintessential Monkに収録のモンクバリアント「Way of the Titan」は、悪くないのですが20レベル基本クラスとしてはイマイチ物足りない……

かといってグーグル先生に頼っても、「俺はSumoのコト全然しらないけど、作ってみたデース!」という感じの同人上級クラスばっかり……(*1)
(どれもだいたいサイズが1段階上がります(笑))

九剣秘伝書こと『Book of Nine Swords』のSetting Sun流派を使えば投げキャラは作れますが、ちょっと柔術や合気風味で、関取成分が足りません……

と、あきらめかけていたその時!!

ついに良い感じのSumotoriクラスを見つけたのです!

http://www.geocities.com/winspir/prestige/p_sumotori.htm

オリジナルの和風セッティングで遊んでいるとおぼしき人のサイトに掲載された、ウィザーズ社フォーラム投稿が出典の同人上級クラス。

しかし侮ることなかれ!
確実に相撲用語を知っている人が作ったクラスっぽいのです~。

ヒットダイスは12、頑健セーブが良好。
この辺は相撲的に納得ですね。
しかし基本攻撃ボーナスはファイター級! うわ強!
素手ダメージや連打能力は上がりませんが、組み付きと足払いと押し付きがモリモリ強くなっていきます。

まず1レベルから得る「相撲力(Might of Sumo」が気が利いてます。
組み付き/足払いの際、相手のサイズを実際より小さいものとして扱う能力。
「自分を大きくする」だとコンボで色々出来るコトが増え過ぎちゃう可能性もあるので、相手を小さく扱う…の方がバグの危険性が低い気もします(根拠はないです(笑))。
9レベルで最大-3までいくので……
最強の力士は、超巨大生物も大型生物として組み付けるのです!
しかしこの能力にも限度があり、最大で「自分より1段階小さい」サイズ扱いにしかできません。
つまり中型vs中型なら、相手を小型として扱うどまりなのですね。
やっぱり気が利いてる!

そして2レベル以降は、締め付け(Constrict)を覚えていきます(笑)。
なんか凄いイヤな絵面が浮かばないでもないですが、がっちり組み合って敵を追い詰めていく感じが出るかもしれませんね。
8レベルで最大締め付け3d6点。
4レベルでつかみ強化も得るので、恐ろしい組み付き力になります。

「仕切り」で近距離の相手を怯え状態(shaken)にでき…
「立ち合い」で戦闘開始時の命中&ダメージを上げ…

「突き」で相手にダメージを与えつつ突き飛ばし!
「はたき込み」で相手を地面に叩き伏せ!
そして10レベル目の「四十八手」で、組み付き中の”出目10”が可能に!

そしてもちろん、モンクと自由にマルチクラス可です~。


うーん。
しっかりと強く、それでいて無茶苦茶すぎず、基本ルールを有効活用。
なかなかセンスの良い上級クラスなのではないでしょうか……
「はたきこみ」の効果1d6ラウンドは強すぎる気もするので、そこだけ調整しても良いかも知れませんね。

Quint~の相撲モンクバリアントから成長を始め、Sumoutori上級クラスを取得し、『Book of Nine Swords』のMartial Study特技で投げやパワー系の武術を修得していく……なんてやれば、かなり素敵な相撲モンクが作製できるのではないでしょうか!?

うーん、これはネラスキャンペーン本編でも、いつかやりたい「モンクキャンペーン」でも実用できそうです。


……え、なんでそんなに相撲取りを気にするかって?

だって力士のメタルフィギュア
いっぱい持ってるんだもん!





Tome of Battle: The Book of Nine Swords (Dungeons and Dragons) Tome of Battle: The Book of Nine Swords (Dungeons and Dragons)
Richard Baker、Matthew Sernett 他 (2006/08/08)
Wizards of the Coast

この商品の詳細を見る



*1 偏見ではなくて、実際そういうコメント付きのがありました(笑)
スポンサーサイト


コメント

 力士フィギュアというと、UrbanWarの奇天烈相撲取りを思い浮かべてしまいます。
 あ、こちらでは初めまして。某所Warmachineコミュではご助言ありがとうですm(_ _)m
[2006/10/26 18:53] URL | 独酌 #xjXSaZNA [ 編集 ]


>独酌さん
コメントありがとうございます!
こちらでははじめまして~。
確かにアーバンウォーのサイバー力士は、手に入れやすい力士ミニチュアの1つですね!
しかし世の中には、まだまだ数多くの力士ミニチュアがあるのです……まるまも手に入れてないものも……
Warmachine系の記事も書くようにいたしますので(笑)、またご覧下さいませー!
[2006/10/26 20:12] URL | まるま #8GSHos12 [ 編集 ]


 おー。
 ミニチュア世界奥深いー(・∀・)
 Warmachine、ミニチュアがまだ塗れてないし(サフ吹いて放置中)、ゲームも出来てないのが悲しいです。自分の部屋が改装中なので仕方ないんですけど……。
 おかげで、ネットでいろいろミニチュアを眺めている毎日です。どれも魅力的で、うっかりWargodsのワニとか注文したりしちゃってますーw
[2006/10/26 23:08] URL | 独酌 #xjXSaZNA [ 編集 ]


>独酌さん
Warmachine、早く遊べる機会が来ると良いですねー!
いまやミニチュアも世界中のものが簡単に買えるようになりました。
ワニことセベキ族で有名なWargodsも、いずれ初ゲームに挑戦しようと思っております。その際にはブログなどでレポートしますね。
[2006/10/27 00:34] URL | まるま #8GSHos12 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marumatower.blog42.fc2.com/tb.php/55-f9d1b8ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。