人生半分ファンタジー
D&D、Warhammerなど、TRPG・ミニチュアゲームのブログです。 Miniature Wargaming & Role Playing Game in Japan.
プロフィール

Rebis(別名:まるま)

Author:Rebis(別名:まるま)
8歳でTRPGを始め、9歳でD&D赤箱を遊び、今やメタルフィギュア狂。人生の半分を脳内ファンタジー世界に生きるRPG&ミニチュアゲーム馬鹿です。
(本業:野生の漫画家Lv15)




連載してます!

 



最新記事



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Superiority』 Impressment on the Dirgeダイジェスト
PPゲームの大きな魅力の1つは、各サプリに散りばめられた小説によるストーリー展開。

世界設定を理解する助けになるのはもちろんのこと、ウォーキャスター達メインキャラが織りなす群像ドラマがダイナミックに歴史を刻み、そしてストーリー上での成長がデータのレベルアップ=エピック化に繋がったりするのです。

気の向いた人が適当にストーリーの大要を紹介していくことで、そのうちPPゲームの物語をみんなで共有できるんじゃないかな…というわけで、とりあえず読み終えた短編の紹介なぞしてみることにしました。

『Superiority』所収のクライクス編短編、「Impressment on the Dirge」のご紹介です。




主人公は、カドーア海軍に所属するIvdan Kopsin。
彼が搭乗するフロストメイデン号は最新の蒸気軍船でしたが、クライクスの幽霊海賊船ダージュ号の襲撃を受け、壊滅します。



ダージュ船内に連れ去られたカドーア海兵達は、生きたまま輸送され、やがて幽霊艦隊旗艦のアトラメンタスへと運び込まれます。

そこに待ち受けるのは、キャプテン・レングレイブ。
彼は古のアクセントでこう言います。

「我に仕えるならば、汝に永遠の生を与えようぞ。我がために、殺戮と略奪をなすのだ。汝の魂は我が物、そして我を通じて主たるドラゴンの物となる。捨てよ、汝の故国への想いを…」

理性ではその誘いを拒否しようとするIvdanですが、彼の口は彼自身を裏切り……

「あなた様に忠誠を誓います…女帝陛下を、カドーアを捨てます!」

かくてIvdanの身は灼かれ、彼は不死の海賊…レベナントクルーとして再生したのでした。


ダージュに再配属された彼は、同じカドーア出身だったBosun Costevichの部下となります。
幽霊海賊達の出身は、シグナーの漁師に、海賊、商人などさまざま。
幽霊海賊としてのIvdanの日常が描かれた後……
ついにダージュは、ブロークンコーストの女王・スカーレの率いるカドーア軍港襲撃に参加します。

カドーア軍港Vladovar強襲は、スカーレの旗艦ウィドウアーやレングレイブの旗艦アトラメンタスも参加する、大規模なもの。
快速のクライクス船はカドーアの鉄甲船をかいくぐり、一気に港へと上陸します。

水際の要塞に次々と突撃する、スラル・ジャック・海賊・サティクシス。
耐え難い殺戮の欲求に駆られ、Ivdanもかつての同胞・ウインターガード達に斬りかかります。
仲間をカトラスで斬り、ネクロタイトピストルで撃ち殺し、殺しの悦びに震えるIvdan。
例え頭蓋骨をブランダーバスで吹き飛ばされても、彼はすぐに甦ります。

俺達は無敵だ、誰にも止められない、不死身なんだ!

やがて戦線を指揮するスカーレを目にしたIvdanの心で、一瞬だけかつての彼が叫びますが……
Ivdanは自らの人間性を握りつぶし、叫ぶのでした。

「ドラゴンファーザーに栄光あれ!
 我ら全ての主よ、永遠の苦痛をもたらしたまえ!
 御前では死すら無意味となる!」




とまあ、こんな感じでして……
読み終えてみれば、あんまりメインストーリーと関係ありませんでした(笑) 
(一応スカーレによる軍港Vladovar陥落と呼応してます)

それより面白かったのは、幽霊海賊レベナントクルー達が、意外と生前のパーソナリティを維持している所ですね!
彼らは大船長レングレイブを(アンデッドなりに)恐れているわけですが…
そのレングレイブすらひれ伏す海賊女王スカーレというのがいると聞いて、「信じられない…」とか思うIvdanが面白いです。
「そういえば上の連中が、時々声を潜めてターミナス…とかアスフィクシャス…とか言ってるなあ。俺達はもっと大きいモノの一部なんだなあ…」とか思う幽霊海賊。
彼らはただのゾンビのスラルと違って、結構個性豊かなんですねー。

全体的に、映画『パイレーツオブカリビアン』的なテイストも入ってるのかな? と思いました。古典的なアンデッド海賊像でしょうか。
レングレイブに忠誠を誓うシーンとかも、二作目のディビィ・ジョーンズに魂を売るシーンを思い出しましたよ~。

次のゲームから、レベナントクルーを使うのがまた少し楽しみになりそうです。
スポンサーサイト

コメント

ちゃんとレングレイブのCMDチェックがあるのがいいですね^^
[2006/09/16 14:15] URL | ざんじ #- [ 編集 ]


>ざんじさん
そうそう、レングレイブの海賊勧誘は自動成功じゃなくて、相手がCMDチェックに失敗したらなんですよねー(笑)
細かい所がゲーム通りです!
[2006/09/16 16:44] URL | まるま #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marumatower.blog42.fc2.com/tb.php/50-9e71679b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。