人生半分ファンタジー
D&D、Warhammerなど、TRPG・ミニチュアゲームのブログです。 Miniature Wargaming & Role Playing Game in Japan.
プロフィール

Rebis(別名:まるま)

Author:Rebis(別名:まるま)
8歳でTRPGを始め、9歳でD&D赤箱を遊び、今やメタルフィギュア狂。人生の半分を脳内ファンタジー世界に生きるRPG&ミニチュアゲーム馬鹿です。
(本業:野生の漫画家Lv15)




連載してます!

 



最新記事



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラマンダーズターミネーター 改修&新作! / Salamanders Terminators
SM_Terminators01L.jpg

西暦2000年に展開された第三次アーマゲドン戦役の時以来、コツコツと育てておりますサラマンダーズ。旧メタルのターミネーターたちが、ずっと25mm丸ベースに載っているのが気になっておりました。
そこで一念発起、何ヶ月かの間にちびちびと、40mmベースに載せ替え作業をしていた結果がこちらです!

せっかくなので、塗りが甘かったモデルに加筆したり、新作を塗り足したりもしました。
最近塗ったモデルのテーマは「溶岩風のサンダーハンマー、通称マグマハンマー」です!

AssaultTerminators01L.jpg

こちらはプラのアサルトマリーンと、旧メタルのアサルトマリーン。どちらもいいですね!
昔は通常のターミネーターとアサルトターミネーターを混ぜられたものですが…… 今はもうちょっと塗り足して、最新版のゲームでもしっかり運用できるようにしていきたいです。
スポンサーサイト
ベヒモス・エクストリーム完成!/My Behemoth Extreme
魔導蒸気ロボが戦うミニチュアゲーム「Warmachine」は、ロシア風国家「Khador(ケイドア)」より。
長年かけて作っていた「ベヒモス・エクストリーム」が、ついに完成しましたー!!

Kahdor_BehemothEx01L.jpg

ベヒモスは、長らくゲーム内で最大級のサイズだったウォージャック(魔導蒸気ロボ)。
現在はコロッサルという超巨大兵器が解禁されたので、最大という設定こそ薄れましたが……
それでも「ほとんど小型のコロッサル」とでも言うべき、存在感溢れるキャラクタージャックです!

ベヒモスは、もともと出来の良いフルメタルモデルです。
けれど最近は、一回り大きくなったプラ製ジャックや、直販サイトオンリーの限定モデル「エクストリーム」シリーズの登場によって、巨大感がちょっと薄れていました。

そこで! ベヒモスとジャガーノート・エクストリームをニコイチで組み合わせ、ずっしりと重いメタル製の「ベヒモス・エクストリーム」を作ってみました!

Kahdor_BehemothEx02L.jpg

ジャガーノートを遥かに見下ろすこのサイズ! リーチが無いのが不思議なくらいです!

製作にあたっては、ケイドア本の挿絵の巨大感を参考にしつつ…… 二つのモデルのパーツをオルクのメク的感性でガチャガチャ合体させ、合間スキマに真鍮線とパテと黒瞬着をたらふくぶち込みました。
仕事が忙しくて放置した期間も含めると、製作二年くらいな気がします。
でも、満足のいくモデルを作れました!
これからはケイドアも戦力増強して、我がベヒモスもどんどんゲームに投入したいですねー!

Kahdor_BehemothEx03.jpg

[English]
Here is my Behemoth Extreme!!
It is made from Behemoth and Juggernaut Extreme models.
I hope my Behemoth as a massive, almost demi-colossal model.
Now I'm satisfied for my result, can't wait next game.
My Behemoth will rip apart any enemy it faces!!

ケビン”ゴブリンマスター”重傷を負う/援助のためのプロジェクトが発足
ケビン=アダムス……通称”ゴブリンマスター”ケヴといえば、古強者のミニチュア趣味人ならみんな知っている(?)名前です。かつてGWでいくつものオーク&ゴブリンのミニチュアを造形し、ウォーハンマー世界の愛嬌あるグリーンスキン像の確立に多大な貢献をした造形師。

orc02.jpg
*恐ろしげだけどユーモラスな、ケビン=アダムス氏のオーク。昔Captain Yさんに譲っていただいたもので、今も一般兵として、またD&Dの雑魚オークとして愛用しています。



今はGWを離れて活動しており、先日友人と「最近ケビン=アダムスどうしてるんだろうね?」なんて話していたのですが……

なんと彼が、暴漢に襲われ重傷を負ったというニュースを耳にしました。
(以下、ソースはFoundry Miniatureのメールニュース)

ノッティンガムの家に押し入った3人の暴漢(Shi*headと表現されています…おそらく強盗?)に襲われたケビン氏は、胴体を刺され、顔をブラスナックルで殴られて重傷。両頬に金属のインプラントをせねばならず、片方の眼窩の再建手術が必要になったそうです。

そんな大変な事態に遭ったケビン=アダムス氏を援助しようと、「ゴブリンエイド(Goblinaid)」という企画が立ち上がりました。

https://www.facebook.com/pages/Goblinaid/582169528462833

20人ほどの造形師が結集してゴブリンのミニチュアを作り、その売上をケビン=アダムス氏援助のためにあてるそうです!
かつて…そして今もゴブリンマスターのミニチュアに慣れ親しんでいる大族長の皆様は、彼の復帰を願って。
そしてケビン氏の作風より後にO&Gに触れられた皆様も、大いなる先祖に敬意を表して。
日本からも「ゴブリンエイド」のミニチュアを買う動きが作れたら素晴らしいかと思いますが、いかがでしょうか?

不肖・まるまはFacebookをやっておりませんが、公開されている範囲内で、情報は集め続けていこうと思います!

[English]
I'm telling a bad news around Kevin"Goblin Master"Adams to Miniature Wargamers in Japan.
Also introducing Goblinaid Facebook page.
I hope many poople from Japan wolud purchase miniatures of Goblinaid.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。