人生半分ファンタジー
D&D、Warhammerなど、TRPG・ミニチュアゲームのブログです。 Miniature Wargaming & Role Playing Game in Japan.
プロフィール

Rebis(別名:まるま)

Author:Rebis(別名:まるま)
8歳でTRPGを始め、9歳でD&D赤箱を遊び、今やメタルフィギュア狂。人生の半分を脳内ファンタジー世界に生きるRPG&ミニチュアゲーム馬鹿です。
(本業:野生の漫画家Lv15)




連載してます!

 



最新記事



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Litkoの核爆発マーカー
わしは別に今でもエピックアーマゲドンのことを忘れてないんじゃぜ?



面白トークンをいっぱい出すLitko社の新製品、ニュークリアマーカー。
これをエピックのブラストマーカー10個扱いとかにしたら面白そうな気がするんですが、どうじゃろ…
いくらタイタンの攻撃でもこんなには爆発しないか!
でもオーディナタスなら……

他にも変なブラストマーカーがいっぱい出てるので、見るだけでも面白いかも
スポンサーサイト
本当はKhadorは「カードア」なのかもしれない
またこの話かよ! という方もいらっしゃるかもですが、まあまあ(笑)

Warmachineに登場するロシア風軍事国家「Khador」。
この単語をどう発音するのかは、アメリカ本国でも色々と論争になっておりまして、日本のカタカナ表記でも「カドーア」「カドール」などと別れておりました(語尾のrをどうするか、という問題ですね)。
これまでまるまも、2回も記事を書いたのですが…
http://marumatower.blog42.fc2.com/blog-entry-108.html
http://marumatower.blog42.fc2.com/blog-entry-33.html

先日ふとNQ誌#16を読んでおりましたら、巻末に「podthralls.com」の宣伝が載ってましてですね。
PPゲーム用のウェブラジオっぽいのですが、そこにあるキャッチフレーズに「Khadorの正確な発音が分かるよ!」って書いてあるわけですよ(笑)
アメリカでも売りになるくらい分からないのかよ! と思いつつも、とりあえずアクセスしてみます。
podthralls.com
あら、こりゃあオイラが昔の記事で引用したサイトじゃないですか…
いつの間にか第150回とかまで進んでいる!

というわけで、目次で「Khador Unit」という話題が出ている回を聴いてみました。

http://podthralls.libsyn.com/index.php?post_id=348358

ううーん……
ネイティブがネイティブ向けに喋る英語なんてほっとんど分からないのですが、4分あたりからこの人達Khadorを「カードア」「カードーア」的に発音してると思うのですが…どうでしょう?

ううむ、公式フォーラムで散々に話されていた「Kay-door」が正しい説はどこへ行ったんだ…?

果たしていずれ良い感じのカタカナ表記が定まるのか…
それとも「ティーンチ」みたいに、本来の発音と違うけど慣れすぎちゃったのでコレでいいや、みたいな言葉が生まれるのか?

もし将来PPゲームの日本語版が出ることがあったりしたら、それが決定打になりそうですが、未来はまだまだ分からないのです。
とりあえず自分が書く時の表記はどうしましょうねえ。……カードア…?
超久々のFB


久々のミニチュアイベント!
さいたまミニチュアデイズに夕方から参加させていただきました。
しかも今回は超久々にFBも対戦です。
最後に遊んだのは、スレイヤーアーミーだったかな、重オーガ編成ドッグスオブウォーだったかな…(珍アーミーばかりです)
みんなデーモンで参加だろと思い、これまた久々にオーガキングダムを取り出してみました。

でまあ、当然のようにフルボッコにされてきたわけですが!
やっぱりFBは難しいなあ…
オーガキングダムも難しいです。昔のザンギエフのような操縦感。

以下いろいろとメモ

・ブラッドサースターがどうにもならない
狂乱が無くなったブラサスが、オーガキングダムだと対処しきれませぬ。
対大物用にカスタマイズしたタイラントなら勝てる時もあるかもしれませんが、ブラサス自身もアップグレード等充実しているので、分の悪い勝負。
凄く用兵の上手い方なら、巧みに配置して、アイアンガットのS6攻撃をぶちこんで倒したりできるのかなあ…? 自分の腕では無理でした。

それ以前に、自分は巨大な飛行モンスターにボコされることが多いので、そもそもロスターの組み方自体が甘いのかもしれない。

・ノブラーはパニックを誘発しない
ノブラーのパニックでノブラートラッパーを逃走させてしまいました。
これは単純なルールミス。とほほ

・パランクイン騎乗のヘラルドオブナーグルは、6+アーマーセーブがあるのでは?
これは自分の対戦とは別のゲームを観戦していて、後に気付いたこと。
S3で殴られてる時以外は意味がありませんが、どうなんでしょう?


やっぱり実際にゲームをしないとどんどん弱くなっていくみたいなので、今後はもうちょっとイベントに参加したい所です……! (その後PPでも漫然と戦って負けてしまいまして…ショボン
ディーモン制作:ビーストオブナーグル塗ったよ


最近おなじみのデーモン塗り塗り。
今度はビーストオブナーグルを仕上げました!

これがおそらく最古のタイプ、3種ある中でも一番好きなビーストのモデルです。
自分が持っている古いデーモンの大半は学生時代に買ったものなのですが、これだけは当時手に入れておらず、近年オークションで手に入れました。そのためか愛着もひとしお。

FBではナーグルとしては早めな移動力を活かして、サイドからの遊撃に使える…のでしょうか?
一転して40kでは足が遅いので、使い方がさらに難しそうです。
良い場所にディープストライクして、タフさを活かして拠点確保を妨害するのかなあ…?
ディーモン制作:ナーグルのリペイント開始!



日々忙しくなってきましたが、ちょこちょことデーモンを塗り続けております。まるまです!

今度はナーグルの古いミニチュアを掘りだしてきて、リペイントしました。
左のミニチュアはマブロスラックス。
かつてはこいつがグレーターデーモンだったんですよね~。社会思想社のFRPGに載ってた奴です。最新の版では、ナーグルにまつわる幻影・怪異ぽい存在となったようで。
今となってはグレーターデーモンにするのは大げさなので、ヘラルド・オブ・ナーグルとして使うことにしました。ベースコンタクト時に邪魔になりそうな腕が気になりますね。

右は一番古いタイプのプレーグベアラーです。昔ORGから1ブリスターだけ買った聖遺物。
中学生の頃塗ったものに、上から塗り重ねて今も使える風合いを出してみました。
最近のプレイグベアラーも良いのですが、この頃にも独特の味わいがあります。

タフネスが高くて、FBでも40kでもブロッカーとして活躍してくれそうなナーグルデーモン。
思えばナーグルは2番目くらいに好きなので、ちょっと沢山塗ってあげようと思います!
ディーモン制作:キーパーオブシークレット復活計画



さてさて…
FBと40kで同時リリース、皆様も遊んでおられるかと思います、ウォーハンマーのデーモンたち。
遅ればせながら、まるまもアーミー制作に向けて歩み始めてみました。

今回の特徴は、四大混沌神の勢力を自由に混ぜることができ、そこに内紛やライバル関係がほとんど無いことですよね。コーンvsスラーネッシュ、ナーグルvsティーンチの関係があまり重視されていないのは、ちょっと寂しいような気もしますが……でも、デーモンだけでアーミーを組むことを考えると、各ファクションの特徴を自由に組み合わせられる、面白い切り口だと思います。

なにより、「80年代からボケーっと適当に四大神のデーモンを買ってきた」まるまみたいな人間にとっては、このバージョンは非常に相性が良い気がします。半端に持ってるんですよね、ホラーもフィーンドもプレーグベアラーもアレもコレも……

とはいえ自分はスラーネッシュ信徒なので、まずはスラーネッシュ中心の編成を作りつつ、気の向くままに他の神々のデーモンを塗り足していきたいと思います。


ってなわけで、まずはキーパーオブシークレットを掘り出しました!

これ…もう何年前になるのかなあ…
秋葉原のイエサブで、5版を遊んでいた頃に制作したミニチュアです。懐かしい…
牛頭しかバリエーションの無い時代で、当時の自分の謎センスに基づいた微妙な配色がされています。まずはコレを、今でも楽しんで使える程度に復活させましょう!


キーパーオブシークレットは、最近の版で最も解釈が変わったグレーターデーモンです。
もともとは牛の頭だったのですが、自分はずっとそれがあまり気に入りませんでした。
(ミニチュアの遙か源流にD&Dデーモン「グラブレズゥ」があるからなのですが、牛の頭はあまり快楽神のイメージと関係ないですよね)

しかし6~7版においては、デモネットにも少し似た、鼻のない両性具有怪物の顔…というイメージが提示され始めました。バリエーションの頭部パーツも出て、とどめを刺したのはフォージワールド製の巨大キーパーオブシークレットです。その姿は、まるで巨大に成長したデモネット。

ここに至ってKOSは完全に「半人半牛の怪物」という限定されたイメージからは解放されました。
美しくおぞましい怪物…ということで、様々な姿を想像できそうです。

さて、では自分の所の「牛頭」はどうしましょうか…
今やビッツも買えないから新しい頭には出来ませんし、いきなりフォージ製品を買うのも躊躇います。
(良い品ではありますが、いっつも彼女を持ち歩いて使うのも大変ですよね)
というわけで、迷った末に…頭の半分をニッパーでバチン!
グリーンスタッフで、6版デモネット系の顔を作ってやることにしました。

頭の角度を直して、全体に粗いリペイントで配色を考え直して…
とりあえず方向性が見えたかな? という状態が、最初に掲載しました写真。
うん、なかなか6~7版っぽい雰囲気になったのではないでしょうか?

これでギリギリ戦場に出せるレベルにはなりましたので、完成に向けて筆を入れつつ、他のデーモンユニットも制作していきます!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。