人生半分ファンタジー
D&D、Warhammerなど、TRPG・ミニチュアゲームのブログです。 Miniature Wargaming & Role Playing Game in Japan.
プロフィール

Rebis(別名:まるま)

Author:Rebis(別名:まるま)
8歳でTRPGを始め、9歳でD&D赤箱を遊び、今やメタルフィギュア狂。人生の半分を脳内ファンタジー世界に生きるRPG&ミニチュアゲーム馬鹿です。
(本業:野生の漫画家Lv15)




連載してます!

 



最新記事



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D&Dネラスキャンペーン ハウスルール試案
ブログを思考メモみたいに使ってよいものかどうか分からないのですが、とりあえずプレイヤーや第三者にもご意見をいただきたいのでメモってみます。

【ネラスキャンペーン バフ(強化)スペル管理のハウスルール】

来る4thの思想をちょっといただきつつ、強化スペルのルールを大胆に変えてゲームをスピードアップしようという案です。何しろ20レベルにもなると、バフの管理だけでゲームが重くなるので……

■PCは3つの強化スペルスロット(受け入れ枠)を持っている。

・1つめのスロット
 持続時間がある程度以上長いスペルのみを入れられる。
 このスロットのスペルは、アンチマジックや神格級の力、DMの特別な判断を除き、決してディスペルされない。
 フレーバー的には、PCはワンド等を利用して毎日このスペルをかけてもらい、持続時間が切れれば即かけ直していると見なす。
 なのでキャラクターシートに書き込んでしまってもいいくらい。
 具体的には能力値アップ系のスペルをここに入れて、計算を楽にする。
 最大レベルの制限を入れるべきかも?

・2つめのスロット
 これも持続時間がある程度あるスペルを入れるスロット。
 ゲーム中1日ごとに更新すれば良い。次元界適応呪文やフライなどを入れておくと想定。

・3つめのスロット
 有効時間○ラウンドの強化スペルを入れるスロット。
 1遭遇まるまる持続するが、他のバフで上書きすれば消えてしまう。
 戦闘中に使う様々なバフを入れておくと想定。

■パーティーは全体で1つの強化スペルスロットを持っている。
 複数の対象をとったり、範囲:爆発でパーティーを強化するスペルを入れるスロット。
「範囲にPCが全員入っているかな…」と測る必要はなく、自動的にPC全員に効果がある。
 同系統のスペルで上書きすると前のスペルは消えてしまう。
 リサイテーションなどを入れておくと想定。

■ディスペル
 目標型ディスペルは、対象のスロット2とスロット3を解呪の対象とする。
              あるいはパーティースロット1つを解呪する。
 範囲型ディスペルは、対象のスロット3を対象とする(スロット3が空ならスロット2)。
 ディスジャンクションは、範囲内の全てのスロット2・スロット3・パーティースロットのスペルを吹き飛ばす。


全体的に4thの呪文の日/遭遇/At Willを想定した感じで……

*問題点
 ・プレイヤーが考えている特定のコンボを無下に禁止してしまうかもしれない。
 ・シナリオのセッティングによっては、自縄自縛でハマリを作りだしてしまうかもしれない。
 (複数のバフで環境適応しなければならないダンジョンに挑めない……など)


うーんどうかなあ…?

次回セッションからコレにするぞ! というわけではなくて、とりあえず思いつきをメモってみただけなので、プレイヤーの皆様は今度の会場ででもお話におつき合い下さい。有識者のアドバイスも有り難いです~。
スポンサーサイト
Therian軍にRed Blok軍を入れよう!
Rackham社のメルマガ「Cry Havoc Online」#78で、
ついにTherianの赤い新ヒーロー・Nina Zeroのテストルールが出ました。
 *モデルの画像はここ とか ここ

基本的にデータはベインゴライアスやインキュバス・ゴルゴスと大差なさそうなのですが…
1つ凄い能力が!

Lady in red
Red Blok軍のユニット1つ(a unit)をTherian軍に入れられる。


ええー!?

同盟軍などのルールがないAT-43で、いきなり凄い組み合わせの同盟が出ました。
詳細は分からないのですが、ニナ=ゼロが元惑星ハデスの住人なのか、それとも新たな革命思想で赤軍の一部を叛乱させたのか…? 早く設定を読みたいものです。

あ、あと今読み返していたら、ユニットにスナイパー能力を与えるルーチンを持ってました。
怖いなあ……
追悼:Gary Gygax氏
すでにご存じの方も多いかもしれませんが、
ダンジョンズ&ドラゴンズの産みの親・Gary Gygax氏が亡くなられました。

彼とD&Dが無ければ、僕の人生は全く違ったものになっていました。

D&Dが無ければTRPGもなく、ソーサリーやウォーハンマーもなく、
そこから連なるファンタジーミニチュアゲームもありませんでした。
チェインメイルやD&Dやウォーハンマーのために生まれた、
数々のファンタジーメタルフィギュアもありませんでした。
ウィザードリィも、ドラクエも、M:TGもなく、ウルティマオンラインもモンスターハンターもありませんでした。
(いずれ同じ流れが生まれるとしても、違う歴史になっていたはず)
つまり、まるまの青春の大半がありませんでした。

僕がネットで活動を始めた時、作ったサイトはマジックユーザーの「タワー」、
そして深い深い「ダンジョン」でした。
僕が曲がりなりにも漫画を描き続けられたのは、
「迷宮探検」の漫画を読者様が買ってくれたからです。
僕が「大人になっても本気でTRPGを遊ぼう」と決意したのは、
ガイギャックス氏の著書『実践ゲームマスターの達人』を再読した時でした。
そして今でも僕が遊んでいるゲームは「ダンジョンズ&ドラゴンズ」です。


ガイギャックス氏に一度もお会いしたことはなかったけれど、
彼が打ち立てた偉大な業績に、様々な先人が積み重ねたファンタジーの歴史の、
その果ての隅っこの方に……
僕の人生は乗っかっていたのです。


「トールキンが僕たちに”ドワーフがいること”を語り

 ガイギャックスが”そのヒットポイントが何点なのか”を教えてくれた」


という言葉を、海外の掲示板の追悼で見ました。
まさにその通り――
トールキンを祖父に、ガイギャックスを父にして、
僕たちの好きなファンタジー世界は産まれました。
僕が”人生の半分をファンタジー世界に遊ぶ”ことが出来たのも、
彼ら偉大な先人達のおかげです。


10歳の少年だった頃、魔道師バーグルとの戦いを終えた僕は、
幼稚ながらも自分の世界グリタニカの地図を描き、
魔道師バザームが潜むダンジョンを作り始めました。


今の僕は、惑星ネラスと数多の次元界を舞台に、
ドラゴンの群れと戦うキャンペーンを作っています。
そのドラゴン達を統べる最強の竜は、ヘルワーム。
ガイギャックス氏がダンジョンズ&ドラゴンズ3版に合わせて作りだした、
最強のドラゴンです。
間もなくエピックレベルに達するプレイヤーキャラクター達は、
世界の命運をかけて、ガイギャックスの子と戦います。


あまりにも遠い人で、上手く哀悼の年を表せないけれど――
これからも本気でD&Dを、TRPGを遊び、ファンタジーを描き続けることが、
僕に出来る弔いです。


安らかにお眠り下さい、Gary Gygax師。
あるいは「そちら」には限りない次元界が広がっていて、
沢山のプレイヤーを相手に眠る暇などないかも知れませんね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。