人生半分ファンタジー
D&D、Warhammerなど、TRPG・ミニチュアゲームのブログです。 Miniature Wargaming & Role Playing Game in Japan.
プロフィール

Rebis(別名:まるま)

Author:Rebis(別名:まるま)
8歳でTRPGを始め、9歳でD&D赤箱を遊び、今やメタルフィギュア狂。人生の半分を脳内ファンタジー世界に生きるRPG&ミニチュアゲーム馬鹿です。
(本業:野生の漫画家Lv15)




連載してます!

 



最新記事



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Infinityに萌えたり萎えたり



虚空から出現する光学迷彩ニンジャ!
走り回るタチコマ(風)ロボット!
ハッキングで敵を麻痺させ、ロボのコントロールを奪え!

という感じの攻殻機動隊丸出しゲーム「Infinity」
ひょんなことから友達の粥さんと二人で買ってみることになりました~。

ミニチュアやアートを見たことのある方ならご存じの通り、ビジュアル面は日本漫画&アニメとアメコミのハイブリッドとも言うべきサイバーパンク。

175年後の未来、複数の惑星に進出して「ヒューマンスフィア」という生存圏を確立した人類が、いくつかのファクションに分かれて支配権を争っている――という世界設定です。

スフィア最大の勢力、キリスト教を地盤とする環太平洋連合「パン・オセアニア」。

パン・オセアニアのライバルである巨大アジア連合「ジュー=チン(Yu Jing)」。

1惑星を本拠地とする新イスラム「ハッキスラム」

行方不明となった最初の移民船団の生き残り、コサック/スコット/米/仏系の「アリアドナ」

3つの巨大宇宙船で星系を放浪する「ノーマッド」

そして人類を脅かすエイリアン連合「コンバインド アーミー」

これらの勢力が、未来技術を駆使して戦うスカーミッシュゲームであります。

ターンはプレイヤー交代制ながら、アクティブプレイヤー側の行動に対して各モデルが「ARO」(オートマティック・リアクション・オーダー)というアクションを取れるため、かなり激しいバトルが予感されます。
(例えば40kやPPゲーでは撃たれたモデルは撃たれたままですが、Infinityでは反射的に撃ち返しを1発行うことができます。敵の行動に対して常にリアクションを要求されるので、どちらのプレイヤーも暇になることはなさそうです!)

見所はやはりサイバーパンクギミックでしょうか。
戦場の一カ所に突如出現し、以降もマーカーで移動、見破られるまでモデルを置くことがない「光学迷彩」。
またハッカーの存在も重要で、敵の装備を作動不能にしたり、敵ロボを麻痺させたり乗っ取ったり、逆に敵ハッカーに攻性防壁を展開したりすることができます。


そんなわけでちょっとドキドキの「Infinity」、粥さんはパン・オセアニアとノーマッドを購入。まるまは「光学迷彩ニンジャ! ニンジャ!」と叫んでジュー=チンを買ってみました。

で、塗ったり組んだりする前に理解を深めようと、ルールブックを斜め読みしてみたのですが……
続きを読む
スポンサーサイト
速報! Epicケイオスルール公式リリース!
http://www.specialist-games.com/assets/BlackLegion.pdf
http://www.specialist-games.com/assets/Lost&Damned.pdf

最終テストルールとほぼ変わりありませんが、これで一段落ということで!
あとはスペシャリストゲームで新メタルとかが出るのを祈るばかりです~。
も、盛り上がれEPIC!!
Epicヒエロジュールをコンバージョンしたよ!



というわけで、Epicティラニッド用のサイスド・ヒエロジュールを制作してみましたー!

制作の上でのテーマは…

・全部プラ製(アデプタス=プラスチカス!)
・グリーンスタッフ造形はメンドイのでやりたくない
・出来るだけフォージの本物に似た頭を捜す
 ゴーントやウォリアーに見えちゃう頭はヤだなあ…

というテーマで、出来ましたのがコチラ!




上半身はマングース社スターシップトルーパーズよりプラ製の「リップラーバグ」、そして下半身は40kのティラニッドウォリアーです。
ちなみにサイズ比のために並べてあるのは、EPICホーマゴーント>胞子投擲生体戦車ダクティリス>ヒエロジュール>ハイエロファントタイタン(サイズ小>大順)。

いかがでしょう…ちょっとDC3のウォーエンジンにしては大きめですが、ゴーントでもウォリアーでもない、結構フォージ製品に似たモノが出来たのではないかと思います!

リップラーバグ箱は10体入りだったので、ウォリアーの在庫さえ気にしなければ、ヒエロジュール軍団を進撃させることも可能そうです!

惑星を揺るがすEpicサイズのティラニッド”侵食”、早く指揮してみたいものですー!
ビホルダーリッチ出たー!


わーい、やっと手に入れました、D&Dミニチュア「アンハロウ」のビホルダーリッチ!
魔法無効化能力のある主眼が無い上に、高等アンデッドであるリッチと化していて、(そしておそらく)ビホルダーメイジでもあろうこのミニチュア。キャラ立ち過ぎですよー!!

このブログのタイトル背景を見ていただければ分かります通り、まるまは結構なビホルダーコレクター。
こういう珍ビホは、数寄者にはたまらない逸品であります。

写真はお気に入りの大型アイスエレメンタルと一緒に撮ってみました。
凄くいい出来ですが、ネラスキャンペーンではゴブwizのスニーキットが平気で超大型アイスエレメンタルを呼びまくるので、子どもみたいに見えてしまうかも知れませんw

というわけでビホリッチなどなど個性派揃いのアンハロウはこちら~
Unhallowed: Booster Pack (Dungeons & Dragons Miniatures Game) Unhallowed: Booster Pack (Dungeons & Dragons Miniatures Game)
Wizards Team (2007/03/13)
Wizards of the Coast

この商品の詳細を見る

フォージワールドのレネゲイドオグリン!


珍しく連続で40kネタであります。

フォージワールドが、突如発狂したようにケイオスレネゲイド(混沌に寝返ったIG兵)の新作を作り始めました!


いや、彼らは元々イイ意味で狂ってるのですが、今回は「レネゲイドオグリン」が、とりわけ良い感じなのです。

この危ない頭巾と、怪しい装備…
40kのみならず、幅広い現代~サイバー~SFゲームにも使えそうですね。
価格も近頃高騰してるオーガ系メタルと較べると、意外にお安い感じ(GW病です)。

ルールは果たしてビッグミュータントのものを使うのか、エクスペリメンタルルールが出るのか?
注目の新作かもしれませんよ~
『報復の天使』が凄そう
業界の果てさんの日記経由で、国内40kバトルキャンペーン『報復の天使』の公式サイトを拝見。

これは凄いなあ…!
日本語化された地図、バックグラウンド、地域解説。
そして
GW神保町店=モーティス
アイコノクラズム=寒冷地コキュトス
とか、実際の店舗とリンクした惑星地図。

まるまがチマチマとアルビオンキャンペーンやストームオブケイオスに参加していた時代に較べると、こりゃあ隔世の感がありますよ~。

問題点があるとすれば、店舗以外での結果報告がFAXでしか出来ないコトくらいですかのー(とはいえ現状国内ではユーザー登録&フォーム報告は難しいのかも知れないですが)



――いや!

一番の問題は、いま自分が40kを遊ぶ気が全然してないことですな!

そうだ、惑星プロバタスIIにも絶対タイタンとか投入されてると思うんで、勝手にEPICを遊んだ結果を「1500pts以上」枠に送ってみるってのはどうですかね!?
どう考えても異端のゼノ野郎ですね!
やりませんよエヘヘ!
EPIC帝国のバリアントアーミーをご紹介
GWからのサポートが少ないEpicですが、その分ユーザーの活動が活発で、次々と同人アーミーリストが発表されるのも魅力の1つ。
ユーザー製作とはいえ、フォーラムで叩き上げられ、テストプレイを繰り返されているアーミーリスト群は、十分楽しめること請け合いです。
また良い意味でEPICは大ざっぱ…と申しますか、「WSが1上がるとポイントが2点上がって…」みたいな微調整が無いのも、追加データを作りやすくしています。武器の威力は2+~6+の5種類が基本! ポイントは5点刻みでザックリと! というシンプルさが良いのですね。

そんなわけで、最近EPICフォーラムで活きが良さそうな帝国軍バリアントアーミーを掘りだしてきました。

【Death Korps of Krieg】
フォージワールドで人気(?)のガスマスク軍団です。
EPICにおいては、フォージワールド製のヘンテコ戦車をいっくらでも投入できる、数寄者向けのブルジョワアーミーとなっております!
PDFがDLできるトピックはこちら。

攻城戦車メデューサ・狙撃戦車レーザーデストロイヤー、バジリスクやマンティコアの「プラットフォーム」(自走できません)、牽引戦車トロヤンなどなど……
フォージワールドでしか買えない、日頃40kでも見かけない、レアな戦車が目白押しで使えます。
また歩兵フォーメーションの基本数が20ユニット!
それらをあの「巨大兵員輸送車ゴーゴン」に乗せて突撃可能です!
この他モデラー心をくすぐる独自ユニットとして、自走式スーパーヘビーモーターなんてユニットもございます。
BPは3しかありませんが、ラージテンプレート(!!)で敵を吹っ飛ばす超巨大砲ですよー! 列車砲みたいな感じ? はたまた? と、巨砲心が燃えるのです!

モデルはほとんど現行のGW/FWから入手できますが、ゴーゴン兵員輸送車だけ絶版なのが残念。しかしeBayとかで比較的入手しやすいし、スクラッチビルドも可能かもしれませんね。


【Salamanders】
アーマゲドン戦役ではおなじみのマリーン、サラマンダーズ。
基本のアーミーリストでも十分彼らを表現できますが、敢えて「火炎&メルタ重視/スピード軽視」というサラマンダーズの属性を強調してみよう…というのが、このバリアントアーミーリストです。
現行最新のPDFはコチラ。

彼らの特徴は、なんといってもタクティカルマリーン全員がマルチメルタを装備していること! 射程は15cmですがMW5+、ファイヤーファイトもMW化されています。
ミサイルランチャーを捨てているので、当然通常の射撃力は弱くなっているのですが……中距離での混戦やファイヤーファイト、そしてサポートファイアでは恐ろしい威力を発揮することでしょう!
ターミネーターの装備もヘビーフレーマーになっていたりと、とにかく近い間合の戦いに強いサラマンダーズ。射撃で相手にブラストマーカーを置くのが難しいので、トランスポートで一気呵成に近距離射撃戦に持ち込むのが常道でしょうか?
ちなみにランドレイダーのクルセイダー/ヘリオス/プロメテウスといったバリアントも使用可能になっています。
ファストアタックは40k同様に弱く、それぞれ0-1しか入れることが出来ないようですね。

まるまは40kでもサラマンダーズをやっているので、EPICマリーンも緑に塗ってスタンダード/バリアントを使い分けると楽しいかも知れません!


【Dark Angels】
新Codex出たヨー!
という勢いでとりあえず作られ始めた感のあるダークエンジェルス。
まだPDF化されてなくて、スレッドしかありません。
イニシアチブ判定に失敗してHoldすると移動ができなかったり(例のダークエンジェルスの頑固なアレですね!)という弱点はありますが、デスウイングターミネーターとレイヴンウイングは全員が「リーダー」能力持ちで、ひとたび1ターンを生き延びるやモリモリとブラストマーカーを取り除いていきます!
レイヴンウイングはフォーメーション数自体もマリーンとしては多いので(バイク4+アタックバイク2+ランドスピーダー2で8ユニット!)、なかなか強そうですぞー。

またダークエンジェルスでおなじみの「裏切り者(Fallen)狩り」がルール化されていて、敵アーミーのキャラ1人を殺れるか否か! が目標の1つになるのも面白いですね。
(もちろん敵がネクロンかティラニッドの時は除外ですw)
クリアのブラストマーカーが売ってた
ミニチュア情報をブラブラと収集しておりましたら、
クリアプラで出来たEPIC向けブラストマーカーを発見。


EPIC基本セット付属のブラストマーカーも出来がいいのですが、
 ・まるまの所持数だと2卓分にちょっと足りない
 ・紙製なのでヘタって、壊れるヤツが出てきた
と、ちょっと気になっていた所でした。

今度試しに買ってみようかなーと思います。
ザット会でEPICやる人、気が向いたら共同購入しませんか?
お声かけてくれれば合わせてオーダーしときます。
ポーランドからIlyadミニチュアが届いたんだよ!!
30mm~40mmサイズの精巧なレジン製ミニチュアをリリースすることで注目されていた、フランスのメーカー「Ilyad」。
しかしその流通網は微妙で、あのF.M.Pさんですら常時在庫僅少というブランドでした。

自分もフランスから買い付けて送料の高さにおしっこ漏れたり、F.M.Pさんから少しずつ買っていたりしたのですが――

そのIlyadが、去年倒産!

フランス国内の在庫も見る見る減って、まさに幻のメーカーになってしまいました。

けれどまるまには、どうしても欲しいミニチュアがありました。
それがコレ……




この、なんか凄いマッチョ男 
Tueur Crete hurlante(Howling Peak Axeman)!!
物凄い筋肉造形と、ウォーゲームにもD&Dにも使えそうなキャラ立ちに、すっかり惚れ込んでしまったのですが……
F.M.Pさんから買うのに失敗し、ヨーロッパのネットショップを彷徨うことに。

英仏機械翻訳サイトをにらみつつ、いくつものお店を回って、なんだかんだと登録させられて、やっとこフランスの小売店で買えたと思ったら!

「いやあ~そいつは先週のペイントコンテストでぜええええんぶ塗っちゃったから品切れだったよセボーン」とか言われて、「ふざけんなああああ!!」と悶絶したりしておりました。

で、そんな自分が最終的にたどり着いたのが……

ポーランドのこのお店!

英<>ポ機械翻訳を駆使し、メールで交渉し、「へー1ズロチって40円なんだー」とか学びつつ、初めてのポーランドクレジット決済をくぐり抜けて――




ついについに、欲しかったIlyadミニチュアをほぼ揃えることができました~!
もちろんモヒカン筋肉斧男もゲット!



入手を諦めていた女モヒカン蛮族長(萌えますね!) Virago Crete Hurlanteや、コンセプトアートしか見たことのなかった Pretresse de Gaurochsも手に入れることができました~。
唯一の心残りはF.M.Pさんでも「型が壊れたという噂があり品薄」とされていた Champion Crete hurlanteが買えなかったことですが、まあ超レアものみたいですし、仕方ないですよねー。マッチョと美女がいれば十分!

ポーランドのお店の店主? Tomaszさんは、「そのうちウチの英語サイトも作るから、利用してね」と言っておりました。
もし皆様にも、何かポーランドからミニチュアを取り寄せる機会があれば……(滅多なさそうですが…)Tomaszさんのお店も見てみて下さい!


というわけで今回の教訓。

F.M.Pさんで買えそうな珍しいモノはさっさと買う!

ミニチュア蒐集道は恐ろしいですねえトホホ~





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。