人生半分ファンタジー
D&D、Warhammerなど、TRPG・ミニチュアゲームのブログです。 Miniature Wargaming & Role Playing Game in Japan.
プロフィール

Rebis(別名:まるま)

Author:Rebis(別名:まるま)
8歳でTRPGを始め、9歳でD&D赤箱を遊び、今やメタルフィギュア狂。人生の半分を脳内ファンタジー世界に生きるRPG&ミニチュアゲーム馬鹿です。
(本業:野生の漫画家Lv15)




連載してます!

 



最新記事



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに実用レベルの相撲取り上級クラスを見つけたかも!
いきなりお前何言ってんだ、という感じですが!

実はここの所、まるまは
「うう~D&Dで相撲を表す、良いモンク系クラスはねえかなあ!」
と、ときおりネットを彷徨っていたのですよ~。

Quintessential Monkに収録のモンクバリアント「Way of the Titan」は、悪くないのですが20レベル基本クラスとしてはイマイチ物足りない……

かといってグーグル先生に頼っても、「俺はSumoのコト全然しらないけど、作ってみたデース!」という感じの同人上級クラスばっかり……(*1)
(どれもだいたいサイズが1段階上がります(笑))

九剣秘伝書こと『Book of Nine Swords』のSetting Sun流派を使えば投げキャラは作れますが、ちょっと柔術や合気風味で、関取成分が足りません……

と、あきらめかけていたその時!!

ついに良い感じのSumotoriクラスを見つけたのです!

http://www.geocities.com/winspir/prestige/p_sumotori.htm

オリジナルの和風セッティングで遊んでいるとおぼしき人のサイトに掲載された、ウィザーズ社フォーラム投稿が出典の同人上級クラス。

しかし侮ることなかれ!
確実に相撲用語を知っている人が作ったクラスっぽいのです~。

ヒットダイスは12、頑健セーブが良好。
この辺は相撲的に納得ですね。
しかし基本攻撃ボーナスはファイター級! うわ強!
素手ダメージや連打能力は上がりませんが、組み付きと足払いと押し付きがモリモリ強くなっていきます。

まず1レベルから得る「相撲力(Might of Sumo」が気が利いてます。
組み付き/足払いの際、相手のサイズを実際より小さいものとして扱う能力。
「自分を大きくする」だとコンボで色々出来るコトが増え過ぎちゃう可能性もあるので、相手を小さく扱う…の方がバグの危険性が低い気もします(根拠はないです(笑))。
9レベルで最大-3までいくので……
最強の力士は、超巨大生物も大型生物として組み付けるのです!
しかしこの能力にも限度があり、最大で「自分より1段階小さい」サイズ扱いにしかできません。
つまり中型vs中型なら、相手を小型として扱うどまりなのですね。
やっぱり気が利いてる!

そして2レベル以降は、締め付け(Constrict)を覚えていきます(笑)。
なんか凄いイヤな絵面が浮かばないでもないですが、がっちり組み合って敵を追い詰めていく感じが出るかもしれませんね。
8レベルで最大締め付け3d6点。
4レベルでつかみ強化も得るので、恐ろしい組み付き力になります。

「仕切り」で近距離の相手を怯え状態(shaken)にでき…
「立ち合い」で戦闘開始時の命中&ダメージを上げ…

「突き」で相手にダメージを与えつつ突き飛ばし!
「はたき込み」で相手を地面に叩き伏せ!
そして10レベル目の「四十八手」で、組み付き中の”出目10”が可能に!

そしてもちろん、モンクと自由にマルチクラス可です~。


うーん。
しっかりと強く、それでいて無茶苦茶すぎず、基本ルールを有効活用。
なかなかセンスの良い上級クラスなのではないでしょうか……
「はたきこみ」の効果1d6ラウンドは強すぎる気もするので、そこだけ調整しても良いかも知れませんね。

Quint~の相撲モンクバリアントから成長を始め、Sumoutori上級クラスを取得し、『Book of Nine Swords』のMartial Study特技で投げやパワー系の武術を修得していく……なんてやれば、かなり素敵な相撲モンクが作製できるのではないでしょうか!?

うーん、これはネラスキャンペーン本編でも、いつかやりたい「モンクキャンペーン」でも実用できそうです。


……え、なんでそんなに相撲取りを気にするかって?

だって力士のメタルフィギュア
いっぱい持ってるんだもん!





Tome of Battle: The Book of Nine Swords (Dungeons and Dragons) Tome of Battle: The Book of Nine Swords (Dungeons and Dragons)
Richard Baker、Matthew Sernett 他 (2006/08/08)
Wizards of the Coast

この商品の詳細を見る



*1 偏見ではなくて、実際そういうコメント付きのがありました(笑)
スポンサーサイト
7版O&Gアーミーブックが届いた!
思ったよりも早く7thのオーク&ゴブリンアーミーブックが届いたので、
早速斜め読みしております~。

すでにご存じの方も多いかと思いますが、今回最大の見所は
チョッパの改訂とFB版フィートの登場でしょうか!

ハンドウェポン扱いになったうえ、最初のラウンド常にS+1(攻+1)になったチョッパ。
ブラックオークやビガンズが使えば、二刀流S5攻撃とかできちゃいます!
ブラックオークがシールドと使って、接近戦3+セーブも悪くないですよね~。

そして面白そうなのが、ジェネラルがゲーム中1回のみ使える「Waaagh!」。
全軍がボーナスを得たアニモスティをすることによって、かなりの確率で
d6追加移動をすることができます。
これを上手く使えば、一気に全軍チャージも可能かも…?
Warmachineのフィートっぽい能力ですが、ひょっとして7版では
各軍ジェネラルにフィートが与えられたりするのでしょうか?
だとするとちょっと楽しみだなあ……

他、目に付いたところを箇条書きで。

 ・攻撃力アップが目立ちますが防御力はダウン?
  マジックアーマーは2種のみ、デッドアードアーマーも消えました。
  (日本語版だとガチンコ鎧だっけ…)
 ・グリムゴールのチーズなリザルト+2能力が消えました(笑)
 ・魔法。リトルワーも結構強い気がする……
 ・巨大蜘蛛復活! ゴブリンヒーローはギガンティックスパイダーに乗れます。
 ・そしてナイトゴブヒーローは巨大スクイッグに乗れます!
 ・スクイッグホッパーは独立したスカーミッシュ部隊に。


最後に、1点だけ気になる所を。
今回のO&Gアーミーブックには、レア枠にDogs of Warがありません。
海外フォーラムなどの噂を聞く限りでは、
「7版で傭兵ルールも新しくするのに合わせて、アーミーブックからは
 Dogs of War枠の記述を無くしていっているらしい」
とのことなのですが……

とりあえず各自のコミュニティで、
「7版O&Gにも傭兵入れて遊んでいいよね?」
とか決めておいた方が良さそうですね。
(記載を優先するから傭兵ダメ、という判断もありうるッスね)
FAQなどで回答を見つけたら、またご報告しますよ~。
ケイオスインペレイタータイタン”カリギュラ”が凄い

凄く読者層が狭い記事ですが、たまにはEpicネタも!

GWのスペシャリストゲームページに定期掲載されている、オンラインファナティックマガジンの…81号。そこにエピックタイタンコンペの優勝タイタンが紹介されていました。

その名もカリギュラ。
コーン神に染まったインペレイタータイタンです。

http://www.specialist-games.com/assets/FO81EpicTitan.pdf

インペレイタータイタン、またはエンペラー級タイタンは、Epicでも最大級のタイタン。WH40kの世界でも、宇宙戦艦を除けば恐らく最大の兵器です。
その姿はまさに歩く城!
昔のイラストなどで、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

今回の記事の見所は、単なるコンバージョン紹介ではなく、カリギュラタイプタイタンのデータが掲載されていることですね。
もともとインペレイターにはポイントが無いので、カリギュラにもポイントはありません(*1)。しかしケイオスインペレイターを使いたい! という場合には、これが参考になるのではないでしょうか~。


さて余談になりますが、Epicのケイオスがついに来年春に発売されるいう噂を耳にします。
逆に言うとコレが出なければEpicの未来も無さそうなので、ぜひ発売して命脈を繋いで欲しい所です…!

*1 エピックは大人のゲームなので、トーナメントリスト以外の面白ユニットは「プレイグループで適切なポイントを話し合って決めようぜ」というルールなのです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。