人生半分ファンタジー
D&D、Warhammerなど、TRPG・ミニチュアゲームのブログです。 Miniature Wargaming & Role Playing Game in Japan.
プロフィール

Rebis(別名:まるま)

Author:Rebis(別名:まるま)
8歳でTRPGを始め、9歳でD&D赤箱を遊び、今やメタルフィギュア狂。人生の半分を脳内ファンタジー世界に生きるRPG&ミニチュアゲーム馬鹿です。
(本業:野生の漫画家Lv15)




連載してます!

 



最新記事



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオWarmachine大会速報!
1月28日、ホビーショップ・レオで日本初かも知れない
Warmachine大会が開かれました!
集ったウォーキャスターは6名!

leo2006_1taikai01.jpg

うなる必殺のハープーン! 迫る闇の騎士ベインスラル!
まるまのCryx!

leo2006_1taikai02.jpg

必殺のドリルで重ジャックも大貫通! ドワーフ魂を魅せろ!
はしもとさんの傭兵Gorten!



leo2006_1taikai03.jpg

「スタートボックス推奨」の大会に、スタートボックスで
参戦した唯一の男! Captain YさんのKhador!

leo2006_1taikai04.jpg

ソードナイトの剣技が冴える! センチネルは脇役でござる!
M-SeyaさんのCygnar!!

そして以下ちょっとハンドルネームペンネームを存じ上げないので、
お名前省略させていただきますが……


leo2006_1taikai05.jpg

大地を揺るがすユニークジャック・ベヒーモス!
砲撃と氷の視線で敵を破壊する、Sorcha率いるKhador!

leo2006_1taikai06.jpg

小娘だけに祖国防衛は任せて置けぬ、老魔女Zevanna率いるKhador!

カドーア大人気!
そしてスイスドロー全3回戦の闘いが始まります!
以下まるまの闘いの概要をば!


■第1回戦
Khadorの魔女ゼヴァンナ戦。
ラフテレインの多い盤面に、さらにカラスの群が視界を
妨げる魔法がかかり、両軍膠着状態に。
しかし一瞬の隙をついて、リーパーのハープーンが炸裂!
敵ウォーキャスターの老魔女を一本釣りし、ヘルドライバーで
勝利しました。

■第2回戦
再びKhador、今度の敵はSorchaとBehemoth!
こえーーー!!!
ベヒーモスの爆撃があめあられと降り注ぐ中、Cryxは全軍進撃。
今回初投入のエリート兵・Bane Thrall達は、
stealth能力によって射撃の直撃を受けないユニット。
爆風に揺らされつつも、元気にベヒーモスに接近します。
しかしそこで、敵ソーシャが前進、Bane Thrall達を魔法で凍結!
身動きできない状態で次々と破壊されるベインスラル達。
でもそこまで前に出たら、リーパーの間合いなのです!!
再びハープーン>ヘルドライバー連打でソーシャ陥落。勝利です!

■第3回戦
決勝戦は、はしもとさん率いる傭兵バトルグループ!
敵軍にはオーガ砲兵がいるため、再び爆撃の中の進軍です。
Bane Thrallの鎧も時折爆風で貫通され、1体2体と数が減る中…
敵ウォーキャスター・ゴルテンのフィートが発動!
地滑りによって、虎の子リーパーが敵「ドリラー」の前に
強制移動させられてしまいます。 大ピンチ!
ペンチのような腕とドリルアームで、一気に足をもぎ取られる
リーパー。移動が1インチしか出来ません…!

しかし、ここで黙っているデネグラではありませんでした!
こちらもフィートを使い、敵全軍の能力値を弱体化。
そしてドリラーにベインスラル達が突撃を敢行します!
Weapon Masterという能力を持つベインスラル達は、歩兵とは
思えぬ凄まじい攻撃力を持っています。
大斧を次々と振るい、4体の攻撃でドリラーを完全破壊しました!

戦況は一転してCryx有利に。
リーパーはハープーン&ヘルドライバーで敵軽ジャックを破壊し、
次のターンにはボーンジャックとベインスラルがオーガ砲兵も葬ります。
ウォーキャスター・ゴルテンを包囲して殴り始め、HPあと少し…!
という所で時間切れ。それでもビクトリーポイント差で勝利しました。



というわけで……


我田引水!
全勝でまるまの優勝です!
ありがとうございます! ありがとうございます!

さらに大会の後には……
leo2006_1prev02.jpg


これまた多分日本初!
Hordes : Skorne 対 Warmachine : Khadorの獣機クロスオーバー戦が、
まるまとCaptain Yさんによって行われたのですっ…!!

続きを読む
スポンサーサイト
新ドワーフとスレイヤーアーミーの現状
新しいアーミーブックが出版され、大きくルールが変わった
Warhammer6版ドワーフアーミー。
しかしルールが変わったコトにより、Storm of Chaosの
Slayersアーミーや、White Dwarf収録のWar of the Beard
アーミーなどのバリアント編成は、どこまで変更点を
取り入れるかという大きな問題を抱えてしまいました。

現在GWから公式FAQなどは出ておらず、GWの
フォーラムでも混乱が続いております。

とりあえず現状最もオフィシャルに近いのはガブやんこと
Gav Thorpによるコメントで……

 ・スレイヤーアーミーのLook Snorri, Trolls!ルールと
  新アーミーブックのStrollaz's Runeは重複すべきでない。
 (重複すると、ゲーム前に最大18インチ前進できる(笑))
 ・数多くのグレーゾーンは、それぞれのトーナメントの
  ジャッジが判定する。

というものしかないのです。
続きを読む
Hordes先読み談義(2)
■Skorneの来歴



『ロードオブザリング』における東夷のような鎧に身を包み、
巨獣とサイクロプスを押し立てて迫り来る軍勢・Skorne。
彼らはWarmachineとHordesの世界において、どのような
設定を持つのでしょうか?
今回はルールブックやNo Quarter誌から、軽くまとめて
みたいと思います。

Cygnar王国の東、そしてMenoth領の北に広がる荒野
The Bloodstone Marches。
そこをさらに越えた所には、ストームランズStorm Landsと
呼ばれる、稲妻が落ち野獣が吠える恐怖の砂漠が広がっています。

そしてそのストームランズの、さらに先!
そこにはSkorneと呼ばれる人型生物達(*1)の国家群があるのです。
厳しい環境の中、わずかな食物を奪い合い、他者を支配し
苦しめることに悦びを見出す種族・Skorne。
彼らはウォーロード同士の内戦を長く続け、苦痛と拷問の
技を芸術の域まで高めた文化を開花させましたが……

その歴史に、大きな変化が訪れます。

Cygnarを追放された前王、ヴィンター=リアルスローン4世
(Vinter Realthrone IV, the Elder / the Exiled)。
踏破不可能と言われるストームランズを越えてきた彼は、
数百のSkorne戦士を殺して畏怖と尊敬、水と食料を勝ち取ります。
彼は血塗れの救世主の如く信奉者を集め、ついには
分裂状態にあったSkorneを(不安定ながらも)統一したのです!

ヴィンターは現在の王レトとCygnarに復讐すべく、西に進軍。
Cygnarの都市Corvisを占領することにすら成功しました。
しかしこの時は、英雄達の活躍とMorrow神による介入により、
ヴィンターとskorne軍は退却を強いられます。

東に帰還したヴィンターは、ストームランズの奈落に橋をかけ、
その上に巨大な城塞を建築しました。
(ミナス=モルグルかバラド=ドゥアぽい感じですかね!)
Skorneの軍勢とウォービースト達は、その城塞から
西に向かって進軍し……西部イモレンの豊かな国土を奪い、
人々を奴隷化しようと企てているのです!


――というわけで……
意外にも単なる東方人ではなく、Cygnarとの因縁が深いSkorne。
前王ヴィンター時代の将軍であった、裏切り者マグナス
(magnus the traitor)との関係なども気になる所です!


*1 Humanoid。やっぱりスコーネは人間じゃないのかな…?
ヘッドライン
Hordes基本ルールブック「Primal」表紙画像
中央で激しく闘うは、Trollbloodのダイアトロールモーラーと
Skorneのタイタン・グラディエイター。超肉弾戦!
歩兵が多すぎて、Warhammer系のゲームみたいに見えます(笑)
WarmachineのPrimeに対してPrimalてのは洒落が効いてて良いです。

Heresy miniaturesよりビホルダー風のアレ発売予定
どこのメーカーも出す定番のアレです。
しかし公式ミニチュアでかなり出来の良いBeholderが出てしまった
今、商売としてはなかなか難しいのでは……?
目を大量に付属させたうえ、接着場所を指定せずに
「穴を開けて付けてね」ということらしいので、
ビホルダーキンなどの改造に使えるかも…? 知れません。

Eureka Miniaturesよりトルコ海賊のMortar発売

エウレカミニチュアは、オーストラリアのファンタジー&歴史
ミニチュアメーカー。マニア心をくすぐる幅広いフィギュアを
安価なAU$で提供してくれる、非常に良い会社です。
ここは以前から海賊モノも充実していたのですが、いつのまにか
アラビア風のトルコ海賊まで発売されてました!

28mmのアラビア風海賊ってだけで垂涎ものですが……
臼砲まで発売とはコレクター泣かせですなー!

ハッスルフリーIG風ハーフリングのジオラマがバカすぎる
土嚢で……!!
これじゃ訪ねるガンダルフも必死だ……!

気が向いたらブログランキングも押してって下さい
ブログの末尾にこういうのをマメに貼ってある所が多いのですが、
自分はボンヤリしてるので大体忘れます。まあよし!
ヘッドライン
YさんによるNo Quater#4の紹介が非常に良い
WarmachineおよびHordesとIron Kingdom D20のサポート誌
『No Quater』。ホビーショップレオで早速買ってきたという
Yさんの紹介がとても興味深いのです。
次回ラインナップ「Superior」の追加ユニットは、
なんとも動かすのが楽しそうな連中ばっかりですな!

魚蹴さんがらくだ屋さんの「箱入り娘」を塗ったのです
速水螺旋人さんによる元デザインをらくだ屋さんがレジンキット化。
ミミック亜種という感じですね~。
日本風の絵柄を元にしたRPG向けミニチュアは、もっと沢山
出て良いと思います。
なにしろ海外メーカーで「anime」「manga」とかつくフィギュアは、
たいてい悪夢のようなモノが登場しますからね……(笑)
超個人的な好みだと、海外28mm~30mmくらいの頭身に
デフォルメ顔ってのが大好きです。

Hastlefreeではそのうち老人バーバリアンを出すらしい
まだグリーンのみで、詳細は不明ですが……
D&Dで老年バーバリアンPCをやる時にも最適!(無茶

D&D Miniatures 「Wardrums」よりWar Trollプレビュー
知性がやや高く、戦場慣れした恐るべきトロール亜種。
ファイタークラスを取ったトロールとしても使えそうです。
bile thrall塗れました
コツコツと増強中の我がCryx軍。
この土日には、ゾンビ兵Bile Thrall1部隊を完成させました!
Bile Thrall


死体に溶解液を充填して作られる、おぞましい汁袋アンデッド。
武器のバイルキャノンはスプレー状に溶解液を発射しますが、
Warmachineでは火炎放射系の武器も命中判定が必要なため、
ゾンビの腕前ではイマイチ頼りない感じです。
とはいえ2~3本もテンプレートを放っていけば、
軽装歩兵には脅威となるでしょう!

また彼らの必殺技は、Purgeという自爆技。
前面半径8インチに内容物をぶちまけ、こちらは自動ヒットで
POW12のダメージを与えます。
ちなみに接近戦武器は無いので、もし接敵されたら…
哀れ、自爆するか殴られ続けるかしかありません!

ところでBile Thrallでイメージ検索して1枚目の画像。
「オッケー、先生をよく見ておきなさい。一度しかやらないからね!」
ヘッドライン
この週末は結構色々と動きがありました。
まずはティラニッド特集!

Forge Worldにて新種発見 マランスロープ登場!

な、なんじゃこりゃああ!!
EPICにも存在しない、おそらく完全な新設定種・Maranthropeが
Forge Worldのレジンキットとして発売されます。

ティラニッド侵略の末期、負傷/死亡した敵兵が
リッパースウォームに分解吸収される前に、
体内に取り込んではDNAを摂取する……という珍種。
ゲーム上のルールはこちらにあります

HQチョイスの140ポイント。ティラニッドの絶対指揮能力
「シナプスクリーチャー」を持ち、ワープフィールドによる
2+アーマーセーブで身を守っています。
S6T6の1d6+1回攻撃、モンスター(monstrous creature)
ではないので、大型ティラニッドとしては破壊力不足ですが…
「アナフィラキシーショック」という能力を持ち、
デーモン以外のあらゆる生物を1ウーンズで即死させます!

デカイ上に浮いてるので敵に狙われ放題だったり、正直
微妙なユニットですが……
このたまらぬ異形感はD&D向けとしても惹かれます(笑)

他にもティラニッドのリリース続々
・元気なポーズのリッパー達(Leapingを表すため?)
・超山盛りリッパースウォーム
・ブルードネスト
(巣穴。ブルードのアップグレードとして使用し、この穴から
 リザーブとして登場できる。ただし破壊可能で、破壊されたら
 普通通りに盤面の端から登場しなくちゃならない。
 巣穴自体はInflitrate(縦深なんとかでしたっけ?)できる。

なんか楽しいモノが色々出てきましたよサア!
D&Dで使って以来一段落感があったティラニッドですが、
また作りたくなってきました!

Thunderbolt Mountain社は、赤ちゃんが産まれるのでお休みです
奥さんの出産のために2/13までお休みとのこと。
夫妻2人でやってる会社とは知りませんでした……

Hastlefreeの新製品プレビュー
そして同じく夫妻経営のメーカー・ハッスルフリーの新作。
「銃を持った日本の女子高生・スージー」が様々な意味で
注目でしょうか!
ブラッドボール風女性マリーンとか、大戦兵士風ハーフリングとか、
どこに行きたいのか分からないミニチュアも多いです(笑)
(ハーフリングはIGのラットリングになりますね)
名匠ケビン・アダムスのゴブリンウィザードは、ケビン作風と
最近の流行が良く融合していると思います。
浜辺のお姉さんやワーウルフハンターは、相変わらず
むちむち肉感的で良いですね!

Iryadより謎の新作画像
ハンニバルみたいなマスクをした、蛮族…オーガ…ジャイアント?
サイズが良く分かりませんが、Iryadの作品は時々超デカイので
侮れません。
しかしこの過剰マッチョ感はRPGで使いたいですね!
将来FMPさんに入るかも知れないので期待です。

maleficさんのプリペイド ボーナス額が増加!
便利な先払いシステム・プリペイドのボーナスが増額。
¥50000なら¥4500のボーナスがついてきます!
(期間限定で今なら+1%ボーナス)
さらに気前の良いことに、今プリペイド残額がある人
全員にも、残額+1%のボーナスをプレゼント! 凄い!
そしてまるまのプリペイド残額はっ……!

90円っっっ……!!!
ヘッドライン
F.M.PさんでMSB Toys間もなく再起動!
FMPさんのBBSによりますと、MSB Toysにまもなく再発注をかけるそうです!
『西遊記』シリーズなどが超魅力的な、こちらのメーカー。
一度は卸売り店がトラブルを起こして販売が滞っておりましたが、
ようやく復活を果たしつつあるようです。
RPGに! コレクションに!
オリエンタルフィギュア好きには見逃せないですよ~。楽しみです!

Olleys Armiesよりドワーフ町民とドワーフ酒場の人々 発売

名匠Bob Olleyの個人ブランドながら、まるま的にはあまり
欲しいミニチュアが無かった「Olleys Armies」。
しかし新製品としまして、ドワーフの非戦闘員が2種10体
リリースされるようです!
薪拾い(?)・乙女・片足ドワーフ(退役軍人か?)・漁師……
そして仲良く酔っぱらうドワーフや、ウエイトレスなどなど…
RPGにはたまたドワーフ軍のアクセントに使えそうな、
髭マニア心をくすぐるシリーズです。これは欲しい!
D&Dでドワーフ都市を舞台にしたセッションもできますね~♪

Hassle Free Miniaturesで真鍮のエッチング取り扱い開始

ミニチュアは肉感的にして、接客はアットホーム。
なんともナイスな英国メーカー・ハッスルフリーで新製品。
植物の葉っぱなどと、SF系ディティール、二種類の
真鍮エッチングが大量に取り扱い開始です。
自分はあまりこの辺に詳しくないのですが、珍しい商品…なのかな?
真鍮でできたバナナの葉・椰子の葉などは、ジャングル系ベースに。
また真鍮の竹などは、和風ミニチュアのベースに。
スポンジケース内でも折れにくい植物として、悪くないのでは~
と思いました! 今度買ってみようかな……

最後にブログランキングなんですが
ただいま40人くらいではありますが、ランキング経由で
来て下さった方もいるようです。わーい!
何かしらメタルフィギュアに興味を持つ方が増えて下されば
嬉しいですよ~。
というわけで今回も、ニュース気に入ったらクリックして下さいませ!
ヘッドライン
新Orkにはプラのストンパが入るという……噂?

あくまでWarseerでの噂なんで話半分に聞いて下さいますように。
ランドレイダーが立ち上がったくらいのサイズのプラじゃね?
とか噂になってますが、ま~ForgeWorldかも知れませんしね…

Hordesの新ウォーロック続々公開中
ボケーっとしてたらYさんが3体まとめて紹介してたので
そちらにリンク。
女王様系のエロお姉さんか? と期待していた
アークドミナ・マケダですが、
どう見ても和風ギスヤンキ(画像)です。
本当にありがとうございました。
ていうかスコーネ人って人間なの……?

■White Dwarf#314届く
東夷とハンド国のリリースに合わせたLotR東方特集号。
個人的にはあまり見る所が無かったのですが……
プラジャイアントに関する続報が少し気になります。
 ・O&G/ケイオス/DOW向けの頭の他に、
  首輪&殴られ痕付きのスレイブジャイアント向け頭も付属!
 ・ジャイアント発売に合わせ、DOWでどのアーミーも
  ジャイアントを入れられるようになる……ええーっ!?

FMPさんにナターリ入荷
以前紹介した新興メーカーの美人ミニチュア、早くも入荷です。
もちろん注文出しました!

最後に…ブログランキングとか貼っつけてみました
そもそもアクセス数を増やしたとして、元々興味のある方以外は
見てくれないブログのような気もしますが(笑)
いや……でも! ひょんなコトからこのゲーム世界に
入って下さる方もいる! かも!

というわけで気が向いたら時々クリックしてやって下さい!
Hordes先読み談義(1)
4月に発売予定のWarmachine姉妹ゲーム、The Hordes。
先日もYさんとその内容について談義して、大いに
盛り上がりました。

そこでちょっと気が早いけれど、The Hordes発売まで
最新情報やルール考察を談義するシリーズエントリーを
作ってみます!

■リソース管理のWarmachine リスク管理のHordes

手番の最初に限られたフォーカスを割り当て、それに従って
ウォージャックが活躍するリソース管理のゲーム・Warmachine。

対してThe Hordesでは、ウォービーストへ事前に割り振る
ポイントはありません。
ウォービーストを追い立てて怒らせると、その戦闘力がアップ。
代わりにウォービーストにはFury(激怒)点が1点溜まります。
プレイヤーはウォービーストが溜められる激怒限界値まで、
いくらでも追い立て怒らせることができるのです。

ビーストに溜まったFuryは、次の手番の最初にウォーロックが
吸収してやることで、消すことができます。
(これでまた、このターン怒らせるコトが出来るわけですね)

けれど、もしウォーロックが吸いきれないほど、Furyが
溜まってしまったら……?
2d6+Furyの判定によって、ウォービーストが凶暴化!
敵も味方も巻き込み得る暴走を始めるかも知れません!!

つまりThe Hordesは、
「ここでもっと活躍させたい……でも、これ以上怒らせたら
 手に負えなくなるかも知れない……!!」
という魔獣使いのドキドキ感を味わえる、いわばリスク管理の
ゲームなのですね~。

先払いのWarmachineと、ツケ払いのThe Hordes。
まったくPrivateerも面白いデザインをしたものです!


■ところで魔獣はいきなり暴走はしないと思います

去年のYさんのエントリー
 「ウォービーストは何もしてなくてもいきなり暴走するかも」
という説が出ていたのですが、怒りが限界を越えるかどうか
判定する「Threshold check」は、
 「ウォーロックがFuryを吸い取った後、またFuryが
  ウォービーストに残っている場合にのみ判定」
のようです。(Quick Start Rules PDFより)

なのでさすがに、何も命令してないのに1ターン目から
飛び出していくビーストは現状いないみたいですね。

■The Hordesの傭兵はMinionって言うらしい

公式サイトの発売予定を見ますと、
Minion: Totem Hunter
ってヤツがいます。
どうやらThe Hordesでは、マーシナリーの代わりに
ミニオンという連中が雇われるようですね。

ちなみにTotem Hunterは、D20ルールではCR11の大型人怪。
スレイヤーと同じCRですから、結構強そうですよ……!?
人間狩りするプレデターみたいなヤツです。

さておきしばらくの間、Hordesでは雇えるユニットが
ほとんど居ないことになります。
発売直後はスタートボックスのみで遊ぶことになりますが、
友達同士とかなら一時的にWarmachineの傭兵ユニットや
ソロを混ぜて遊んでも楽しいんじゃないかな? と
思いました。
トロールブラッドにトロール傭兵隊ユニットとか、
ごく自然な組み合わせもありますしね!
海賊女王登場! Cryx4~5戦目
この土日はWarmachine漬けにしちゃえ!
というわけで、今度はYさんとレオで対戦してきましたー!
500ptsの二番勝負です。

■一戦目
こちらはおなじみデネグラが登場。
敵はカドーア随一の猛将・ブッチャーです!

leo2006_1k.jpg


前回は重ジャック2体に泣かされたvsカドーア戦ですが、
今回はクリクス側もヘルジャック2体!
初投入のゾンビ爆弾「スクラップスラル」の群を
最前線に押し立てつつ、じわじわと全軍進撃します。

Yさんご自慢の隠密部隊KGBが、今回はご丁寧に
カバーまで取って牽制してきますが……
ブロートスラルの大砲やデネグラの魔法、ゾンビ海賊への
恐怖で逃走した所をバッサリなど、頑張って倒していきます。

一方スクラップスラル達は次々と狙い撃ちされていきますが、
ついに1体がウインターガード歩兵に到達!
自爆で4人を巻き添えにし、黒字戦果を出しました。

やがて戦線は、テレインに挟まれた狭い地域で衝突します。
カドーア側がやや交通渋滞になった所で、ついに堪忍袋の緒が
切れたのか、ブッチャーがフィートを使って突撃!
1人で当方のスレイヤーとデファイラーを完全破壊します。
(人間か!?)
しかしいかに猛将ブッチャーでも、前に出過ぎだっ!

leo2006_1l.jpg


デネグラの魔法で転ばせた所に、リーパーのヘルドライバーが
三連発! これで討ち取って勝利となりました。

■二戦目


二戦目はせっかくなので、塗り終えた新モデルを
やたらと投入してみます。
まずウォーキャスターは、海賊女王のスカーレ!

skarre01.jpg

有角人食いアマゾネス種族・サティクシスの魔女にして、
クリクス艦隊を率いる自称海賊女王です。
配色については色々と迷ったのですが……
skarre02.jpg

暗褐色肌に赤い瞳、黒く濡れた唇のアマゾン風に。
デネグラよりガタイの良い女傑という感じなので、
ついでにもっとムチムチさせておきました。

さて!

敵は再び猛将ブッチャー。そして今回は配下までガチの
突撃編成です。い、いいのかそれで……!

これに対してスカーレは、常に暴走の危険がつきまとう
凶暴ジャック・シーサーを投入します。
leo2006_1m.jpg


leo2006_1n.jpg


超危険物であるシーサーを最前線に置きつつ、ゾンビ海賊と
オーガの傭兵に護衛されて進軍するスカーレ。
今回敵軍は接近戦仕様なので、珍しくクリクスは
陣形を組んで待ち受けます。
ディフィカルトテレイン越しに突撃できるというシーサーの
能力を活かして……

leo2006_1o.jpg


敵ジャガーノートにシーサーとリーパーが同時突撃!
さしものARM20重装甲ジャックも、爪の連撃と
ヘルドライバー連射、そして妙に出目の良い牙攻撃で
大破、2ラウンド目には機能を停止しました。

時を同じくしてスカーレは、自分を傷つけることで
配下達をパワーアップさせるフィート「ブラッドマジック」
を使用!
本来はザコ同然のゾンビ兵達が、突撃の勢いに乗って
デストロイヤー重ジャックに大打撃を与え、エリート兵
マノウォーを皆殺しにしてしまいました。
leo2006_1p.jpg


弱ったデストロイヤーのみを残した所で、さしもの
ブッさんも投了。クリクス再び勝利ッス!

だんだんクリクスなりの闘い方が見えてきたのか、
幸い三連勝を飾るコトができました~。
ウォーキャスターを変えることで全軍の戦略性も
変わるので、今後はウォーキャスター塗り足しも
楽しみですし……
いずれは1000pts、ウォーキャスターを2人ずつ使う
本格的対戦も楽しみたいですね!
leo2006_1q.jpg


撃てよハープーン! Cryx第三戦!
leo2006_1i.jpg

というわけで今週末も、レオで軽くWarmachine対戦を
して参りました~!
お相手は盟友ざんじさん。
Warmachine始めたのはざんじさんが先なので、先輩ッスよ!

しかし基本セット318点のざんじさんに対して、
「普通に320点で組んでいいッスか?」と
大人げない要求をする、まるま。
超心の広いざんじさんに快諾されて、スラル調整含めて
カッキリ320点のアーミーで対戦です(笑)

序盤はコールマンのスペル「スナイプ」で射程を上げた
軽ジャック「チャージャー」が、こちらにキャノンを撃ち
まくってきます。
さらにコールマン自身も呪文攻勢をかけてきますが……
こちらが吹き飛ぶのはスラルばかり、ジャックに対する攻撃は
1発除いて外れるという幸運な展開となりました。

「そろそろチャージが届くかな……?」という距離になれば、
我がクリクスの間合いです!

メカニスラルの壁やディフィカルトテレインを利用して、
敵アイアンクラッドの効果的な突撃を防ぎつつ……
リーパーのハープーン(銛)でランサーを引き寄せ!
ヘルドライバー連打で一気に機能停止させます。

さらに逃げ遅れたコールマンにも、銛が命中し……

leo2006_1j.jpg


「いただきま~す♪」
ヘルドライバー連打でコールマンが倒れ、勝利です!

今回はスタートボックスがお相手でハンデをいただいたような感も
ございましたが、ざんじさんも当然トループやジャックを購入(笑)
次回はさらに激しい闘いが期待できそうです!!
ヘッドライン
Reaper社グリーン更新
パテ状態の新作プレビュー。
旬の巨大ゴリラが気になりますな!
このサイズなら超大型ゴリラとして、D&Dのブラッドエイプ巨大化後や
魔法でデカくしたダイアエイプに使えるのでは?

Gamezoneミニチュアのコールドワンライダー塗装例
maleficさんの所で買える、WHFBプロキシ(代用ミニチュア)向け
メーカー「Gamezone」。
こんな画像を見せられると、本家より良い気がしちゃいます。
ちなみにまるまもドワーフのスレイヤーとケイオスハウンドを
持ってますが、これはなかなか良いモノです~。

The Hordesに新ウォーロック Baldur

サークルオブウロボロス第二のウォーロック。
熊に育てられた、カドーア系の血を引くドルイド…?

The Hordesのカードが、いつのまにか高解像度フルカラーに
High Resolution を選ぶと別窓が開くので、サムネイルをクリック。
するとpdfが開きます。
このまま印刷すればゲームに使えそう……!
Warmachine始めるぞ日記(最終回)
先日、ついにCaptain.Yさんと初対戦&遊び初めして参りました~!
舞台はさいたまのホビーショップ・レオであります!

leo2006_1a.jpg


一戦目は、基本ボックスセットに入ってるウォーキャスターと
ウォージャックのみでの対決。
とはいえ敵はカドーアのソーチャで、ヘビーウォージャック2体…
こちらのボーンジャックの攻撃はARM20に阻まれて全く効かず、
超強フィート(*1)Icy Gazeで凍らされたスレイヤージャックが、
自動命中であっというまに機能停止。
回避率の高いボーンジャックも、命中すれば一撃で
叩き壊されてしまう……という状況で、残り1台。
ここでデネグラ投了しました。

*1 Feat
 各ウォーキャスターは1ゲームに1回、凄い効果を発生させる
 必殺技みたいなものを持っている。
 ソーチャのIcy Gazeは、コントロールエリア内(12インチ)の
 敵全てを凍らせて、1ラウンドまるまる攻撃自動命中&
 次の手番も行動不可にしてしまう激強フィート。

leo2006_1b.jpg

さて。改めて二戦目は、500pts戦!
クリクス軍も得意のゾンビ兵を大量投入し、双方充実した
戦力での戦いとなりました。
leo2006_1c.jpg

ウォージャックもボーンジャック「デスリッパー」を一機減らし、
隠密暗殺ボーンジャック「ストーカー」を投入します。
こいつが敵ウォーキャスターに食いつけば、かなり
有利に戦えるはず…!

leo2006_1d.jpg

敵軍カドーアにも蒸気装甲兵マノウォーや狙撃兵が入り、
なかなかの陣容です。

leo2006_1e.jpg

レオのゲームボードの1つは、高い起伏が魅力!
山を越えてカドーア領内に侵入したデネグラ…雪辱なるか!?

leo2006_1f.jpg


斜面を駆け下りてカドーア前線に肉迫するクリクス軍。
先陣切る呪われた海賊達は、何度死んでも隊長が死ぬまで
甦るので、盾としても優秀です!

一方左翼では、巨大汁袋ゾンビ・ブロートスラルが
漫画や映画ばりの誘爆を見せて全滅(笑)
その後はボーンジャック1体が狙撃部隊を足止めしました。

しかし、ヘビージャック2体とマノウォーで構成された
カドーア軍は硬い……!
こちらが上手くダメージを与えられないうちに、主力の
スレイヤーが生身のマノウォーの集中攻撃で破壊されて
しまいます。うへえ!

leo2006_1g.jpg

デネグラに殺到するマノウォー。
画面向こうにデストロイヤーとジャガーノート。もうダメ感です。
(ちなみに煙はスレイヤーの残骸(笑))
とはいえデネグラには「魔女のトゲ」という、撤退時に
敵の追撃を食らわない装備があります。
マノウォー達に3点ほど殴られるも、難なく岩場に脱出。
「ステルス」もあるので、5インチ以上離れた敵には
射撃されるコトもありません。

leo2006_1h.jpg


ここでクリクス最後の反撃!
戦線の後ろに回っていたストーカーが、一気にソーチャへと
突撃します! しかし……
ソーチャはDEF(回避力)が4上がる魔法を前のターンに
使っており、攻撃は全て外れ……
逆に次のターン、フォーカス6点を使った全力攻撃で
たたき壊されてしまいました。トホホ……
またもボーンジャックがちょっと残った状態で投了であります。


初戦から二連敗!
とはいえゲームの感覚もつかめたし、もの凄く勉強になりましたー!
学んだことは後でまとめるとしつつ、ひとまずウォーマシーンを
「始め」終えたので、この『Warmachine始めるぞ日記』も
今回で最終回であります。

ご拝聴ありがとうございました~!!

 Yさんも同対戦のレポートをアップされてるので、
 カドーア側の視点もチェックして下さいませ!

F.M.P.さん経由で美人ミニチュア情報到来!


F.M.P.さんの blog経由で新ミニチュア情報!

newboldworld.comの新作・ナターリさんです!
身長6フィート3インチ(≒187.5cm!)で
スーパースリム! と公称する女戦士さん。
女傑好きのまるまにはたまりません。
ラッカムと並べても遜色なさそうな体格ですが、
フィアンナ達と違って都市型オシャレっぽい姿も良いですね。

このメーカーは以前チェックしたコトがあったのですが、
当時はなんか変なオッサンや犬人間のコンセプトアートしか無くて、
「なんじゃこりゃ」とブックマークもせずにおりました……
ミニチュア業界も日々変化、やはりチェックは欠かせませんね!

F.M.P.さんでも仕入を検討されているようですが、
仕入が無ければ僕も個人で買おうかと思います!
ヘッドライン
遅まきながら新年最初のヘッドラインです。

Full Metal PlanetさんにFenryll社新製品情報
 ミイラドラゴンが欲しすぎる! 滝も意外と使いでがありそうです。

WH40k 新ナーグルデーモンプリンス
 新しいシティファイトCodexに合わせてリリース予定とか。
 今までのモノも良いミニチュアでしたが、ナーグルにはこの手の
 肥大化した造形が似合いますねー。

Reaper社Dark Heavenライン1000体目のミニチュアは……
 名原型師2人の合作によるドラゴンライダー!
 PC向けにメタリックドラゴンに塗るも良し、
 レッドドラゴンに塗って上の人を悪そうなミニチュアに
 すげかえるも良し!

英国のすんごいWarmachineプレイ風景
 海外フォーラムより。
 Cygnarの城を巡る大決戦!
 日本ではまだまだ遠い道のりですが、ラージゲームフェチの
 まるまとしては、こういうゲームも是非いずれ!!
ホビーショップレオに行ってきました!
さてさて新年早々なのですが、Captain Y氏に誘われてさいたま市のホビーショップ「レオ」に行って参りました!

ミニチュアゲームのお店 ホビーショップ・レオ
さいたま市大宮区宮町2-64 星野ビル3F
電話:048-643-9003
月・火お休み 水~金14:00~21:00 土日祝12:00~21:00


店内はまだまだ拡充中ながら、なかなかの広さと品揃え。
GW系商品も、全てでは無いものの基本ラインは揃っています。
注目株のWarmachineは、大晦日や正月にも売れまくったというお話で、品切れもチラホラ。
しかし欲しかったミニチュアの多くを購入することができましたー!

Yさん&店長さんにルールを教えてもらったり、オフィシャル誌「No Quarter」マガジンを見せてもらったりしつつ、新たに傭兵ユニットなども手に入れてみました。

基本450ポイントが完成した我がクリクス軍、新たに大量のスラル(ゾンビ兵)やヘルジャックなどを準備し、今後の軍備増強も順調そうです!


さてそんなWarmachineですが、レオでも販売中の各軍基本セットのみで300ポイントゲームを開始できちゃうのも魅力の1つ。
4800円という5000円を切った価格で、ウォーキャスター1体+ウォージャック2~4体が手に入ってしまうお得なセットです。
レオには2種類のゲームボードが置かれているのですが、、緑野のボードにはWarmachineのメノス軍が飾られておりました。
このお店ならゲームをしたり基本セットを買ったりするのも簡単そうなので、皆さんもぜひぜひどうぞ!

1/28~29にはWarmachineの320ポイント前後大会も開かれるらしいので、まるまも出来れば参加したいと思っております!
Warmachine始めるぞ日記(3)
あけましておめでとうございます。

カドーアのコディアック・ウォージャックを組みつつ年越ししたCaptain Yさんに負けじと、Cryxのウォージャックを塗りつつ年を越したまるまです!

相変わらず写真は撮れずにおりますものの、ヘルジャック・スレイヤーとボーンジャック4体を完成しました。
これで……

【ウォーキャスター】
デネグラ:76
【ヘルジャック】
スレイヤー:110
【ボーンジャック】
デスリッパー×2:76
デファイラー:45
ストーカー:64
【トループ】
レヴナントクルー(ゾンビ海賊)
 基本6人:77 +追加1人:11

合計:461

というわけで、461ポイント完成しました!
もう少し塗り足せばウォーキャスター1人での500ポイント戦が可能、ウォーキャスター1人足して1000ポイントを目指すのも遠からず! という感じですね。

今年は早いウチにWarmachineデビューしたいッス!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。